40代のダイエットに効果的なのは食事制限?運動?

ダイエット

40代になるとこれまでと同じ生活をしているのにお腹周りや全体的にお肉が付いてきたと体型を気にされる方が多く、そこで、食事制限をされる方も多くいますが、40代のダイエットに必要なのは食事制限なのかそれとも運動なのかを説明していきたいと思います。

40代は基礎代謝が落ちている

基礎代謝とは基本的に何もしなくても消費してくれるエネルギー量の事です。呼吸・臓器の活動・血液循環など、生命維持や生理現象のみで消費するもので1日の総消費エネルギー量のうち、約70%が基礎代謝量です。主に、筋肉でエネルギーが消費されています。

40代になるとこの基礎代謝が落ちているのが太る原因となっているのです。基礎代謝を上げるには筋肉量を維持することが必要不可欠なのに、食事を減らしたり食べないという選択をしてしまうと、その筋肉を維持するための材料までもが不足してしまうので筋肉が細くなってしまい、一時的に体重が一時的に落ちるかもしれませんが、基礎代謝量も一緒に落ちてしまっているのです。

また、基礎代謝が落ちるとせっかく努力して減った体重もリバウンドで戻ってしまったり、痩せにくい体になってしまいます。

食事制限より食べる物を変えるべき

40代のダイエットで食事制限をされたり糖質制限をされると一時的に体重は落ちるのですが、疲れやすくなったり、集中力が欠けてしまったりします。

また、食事量全体を減らしていると、めまいや頭痛などの慢性的な体調不良に陥る場合もあります。

糖質制限ダイエットでは炭水化物を減らしたり、抜かすと必然的におかずが増え、特に肉類が増えると、たんぱく質ばかりを摂ることになり、悪玉コレステロールが溜まり、腸内細菌叢が乱れ、血液が汚れ、ガン、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化等の生活習慣病のリスクが増えてしまいます。

40代のダイエットには筋肉が落ちてきているので食事制限をするよりも、基礎代謝を上げる食べる物に変えることによって筋肉量を増やしていくことが、ダイエットを成功させる為に必要なことになります。

では、基礎代謝を上げる食べ物は何か?

  • 脂肪燃焼効果があるアミノ酸を含む食材

牛乳、チーズ、カツオ、シジミ、シラス、アジ、レバー、豆類、鶏肉、豚肉など、タンパク質量の多い食べ物で、アミノ酸を効率的に摂取することができる食材。

成人の場合、筋肉を維持するために体重1kgにつき1g(60kgの人は6g)のタンパク質を摂取することが好ましいとされています。

  • 代謝をサポートしてくれるビタミンBを含む食材

ビタミンB1は豚肉の赤身やうなぎや鶏レバー、玄米、豆類、ナッツ類にに多く含まれています。ビタミンB2はレバーやうなぎ、納豆、卵、乳製品、葉物野菜、魚に含まれています。

ビタミンB1が不足すると、摂取した糖質はエネルギーに変わることができず、疲れやすくなったり、体がだるくなったり、さらには代謝の低下から太りやすくなってしまいます。

食べる物を変えたら、運動で筋肉をつける

せっかく食べる物を変えても、運動をしなければ筋肉量は増えず、基礎代謝が上がらずにダイエット成功にはなりません。

日常的に運動をしていれば良いのですが、運動をしていない方にはいきなり運動と言われるとハードルが高いかもしれません。

しかし、日常においてもエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、帰り道に前の駅で降りて30分歩くなど日々行うだけで基礎代謝を上げる運動は行えます。

最近ではSIXPADなどEMSトレーニング・ギアもあるので、仕事後にもテレビを見ながらトレーニングを行うこともできるので、運動が苦手でも、時間がない方でもトレーニングを行うことができます。

まとめ

40代のダイエットは食事制限だけでは一時的に体重を減らすことはできるのですが、ダイエットの成功とは言えません。

しっかりと運動も行うことで、基礎代謝を上がり太りにくい体にすることでダイエット成功と言えるので、食事の見直しと運動を日頃から行うことがダイエットの近道となります。



コメント