危険がいっぱい!それでもあなたは糖質制限ダイエットをしますか?

ダイエット
Foods high in carbohydrate

最近、ダイエットをしている方の中には糖質制限ダイエットをされている方も多くいると思いますが、そもそも糖質制限ダイエットとはどういったダイエット方法なのでしょう?

それを説明するには糖質が太るというところから理解してからになります。

糖質が太る理由

糖質が太る理由は
ごはんやパン、麺類など、炭水化物(糖質)を多く含む食べ物等を摂取すると、消化する過程でブドウ糖が生成されます。血糖値が上がりすぎないようインスリンが分泌され、即座に糖分を処理します。
大半はエネルギーとして筋肉や脳の活動に使われます。何もしないでじっとしていても、心臓が鼓動したり、肺で呼吸したりするエネルギーが不可欠だからです。
ブドウ糖の一部はグリコーゲンとなり、体の活動を支えるエネルギーになります。

しかし、エネルギーとしてたいていは使いきれずに余ってしまうことでブドウ糖は中性脂肪に変わり、体の脂肪細胞にため込まれてしまう肥満や糖尿病になる原因になってしまっているのです。

ここで、糖質制限ダイエットが注目されているのです。

糖質を多く含む食品は、主食と呼ばれるご飯やパン・麺類にあたり、ほとんどの方が食事の中で最も多い量を食べています。そのため量を減らしやすい食品であるということも理由です。

事実、糖質・炭水化物を極端に減らすと短期間でかなりの体重が落ちるのです。つまり、数値や外見など目に見える変化のスピードが速いというのが、流行している一つの理由に挙げられます。

糖質制限ダイエットの落とし穴

糖質制限ダイエットでは体重は落ちるのですが、これは脂肪が落ちたのではなく糖エネルギーが不足すると、それを補うために、筋肉を分解してアミノ酸に変えて脳に送ります。その時に水分を使用するので、体重が落ちるんです。

また、疲れやすくなったり、集中力が欠けてしまったりします。それだけでなく長期間、糖質・炭水化物を極端に減らしたり、食事量全体を減らしていると、めまいや頭痛などの慢性的な体調不良に陥る場合があります。

正しいダイエット方法は筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが痩せ易く、太りづらい体を作る必要があるのに脂肪燃焼がないのに体調不良になってしまうのでは間違った方法です。

また、糖質制限ダイエットでは炭水化物を減らしたり、抜かすと、一日に必要なエネルギーのほとんどをたんぱく質や脂質から補給するような形になります。
そうすると必然的におかずが増え、特に肉類が増えやすくなりますね。その結果、たんぱく質ばかりを摂ることで、悪玉コレステロールが溜まり、腸内細菌叢が乱れ、血液が汚れ、ガン、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化等の生活習慣病のリスクが増えてしまうのです。

その他にもこのダイエット方法に注意

・糖質・炭水化物を食べない(糖質制限)ダイエット

 例えば、グリーンスムージーダイエットというものがあり、これはご飯の代わりにグリーンスムージーを飲みましょうというダイエット方法だそうです。色々な名前や食材がその時その時で挙げられますが、基本は炭水化物を食べずに他の食材に置き換えるダイエット方法になります。

この方法は上記にも書きましたが体調不良や生活習慣病にもなる恐れがあります。

サプリメントダイエット    

ダイエットサプリメントを利用して痩せる方法。

サプリメントは栄養補助食品であり、摂取したカロリーを0にするものではありません。また、サプリメントはあくまでも食事で摂りきれなかった栄養素を補給するサポート役であり食事と一緒に取り入れて、胃の中で他の食べ物と混ぜることで効果を発揮してくれるので、サプリメントだけで飲んでも栄養として吸収されずに体外に排出されてしまうのだそうです。

・単品食品ダイエット

TVなどでもたまに行われている方法で、他のものは一切食べずに、キャベツだけやリンゴだけなど、特定のものだけを食べるダイエット方法。

単品食品ダイエットの注意点としてはそれが一生は続けられない点です。ダイエットをやめて元の生活に戻した途端に「栄養素を蓄えないといけない」と頭が体に指令して、ダイエット以前よりも、高い吸収力で食べ物の栄養分を体に備蓄してしまいリバウンドしてしまいます。

・水抜きダイエット 

普段摂取している水分量を極端に減らすダイエット方法。

脱水症状になる恐れがあります。脱水症状が酷くなれば死の恐れもありますので注意が必要です。

まとめ

現代では単純に体重を落とすだけを目的とした様々なダイエットが生まれ注目が集まるのですが、短期間で減量効果が表れるその裏では、栄養バランスが崩れた食生活を長期間続けることにより結果的に体調不良を起こす要因になってしまったり、辞めてしまうとリバウンドしてしまったりと努力が無駄になってしまうようなこともあります。

1つで身体によいとされる食材はなく、やはり減量の基本は、食べた量(摂取カロリー)と動いた量(消費カロリー)のエネルギーバランスを整えることが大事なのですね。         

定期的に続けられる運動を取り入れ、健康的な食事を取り入れることが、ダイエットへの近道ではないでしょうか。

コメント